健康に過ごすためにスタミナは必要です

年を重ねるに連れて、

「少し散歩をするだけできつい。」

「前よりお出かけした後に疲れがでる。」など、感じる方が多くいらっしゃると思います。

スタミナが不足しているということは、細胞小器官である「ミトコンドリア」が関係していることが多いです。

ミトコンドリアは、細胞小器官と呼ばれます。

生きていく上で、必要なエネルギーは、「ATP」と呼ばれ、筋肉や脳神経を動かす為に必要です。

ミトコンドリアは、ATPが不足すると作られやすくなります。

よって、体を疲れさせることが必要です。

ここでお勧めなのが、ゆっくりとした歩行より、少し早歩きすることです。

特に、筋肉痛になる程ではなく、ちょうど良い早歩きの速度で、ウォーキングをすると、健康維持に大きく役立つと言われています。

また、ウォーキングをする場所も、考えると良いかもしれません。

いつも同じ場所を歩くよりも、車で少しお出かけして公園に出たりすると気分転換になり、リラックスできます。また森林の中を歩いたり、すれば、マイナスイオンを浴びることもできます。ウォーキングという運動は、単純な動作なので、なかなか続けられない人も多く見受けられます。ですから、いつもとは違う環境を作り、長く続けることが健康に役立つのではないかとおもいます。

ウォーキングの途中で、ストレッチングをしたり、深呼吸をしたりするなど様々な工夫をして楽しみながら行って欲しいと思います。

ウォーキングをしっかり行って、スタミナを付けていきましょうね!